« ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その5 対ポルトガル戦。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その7 対オランダ戦。 »

segunda-feira, 28 de junho de 2010

ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その6 対チリ戦。

6月28日(月)15時30分(*ブラジリア時間)から、
2010年サッカー・ワールドカップの、
ブラジル体表にとっての第4戦で、
決勝トーナメントでの初戦となる対チリ戦が行われた。

朝から、
何かそわそわして、落ち着かない。

トーナメントに入って、やっとワールドカップ本番といえるわけで、
真剣になる。

午前中に、いろいろなことを済ませておかないと、いけないので、
焦った感じ。

銀行やスーパーなど、人が多いわけでもないのだが、なんか落ち着かない。

12時を過ぎて、
帰宅を始める車が徐々に増えてきた。

Globo局は、14時40分過ぎには中継開始。
ガルヴォン・ブエノ氏が、いつものように快調に喋りまくっている。

15時頃で、
まだ拙宅の近くの、郊外へ向かう道路は渋滞。

そんな中15時19分に、
またもや車がカーブを曲がりきれずに、隣家に突っ込んだ。
明らかにスピードの出し過ぎて、
突っ込む前から、異常なタイヤの音がして、
またやるなと思っていたら、
やっぱり突っ込んだ。
盛大に、ほこりが上がった。


何人か乗っていたようで、
助手席の男は頭を打ったようだ。

だいたい時速30キロが、制限速度である。
60キロでも出し過ぎである。

結局、
試合に間に合わないどころか、
完全に見ることができなくなったわけだ。

気になるので、
試合開始後に見に行った。
運転していたのは、若い女性だった。
真新しそうなプジョーの307の全部が塀に突っ込んで大破していた。
エンジン・オイルが流れている。
エアバッグは機能したようだ。

15時40分過ぎに、
パトカーが2台やってきた。

1台のパトカーには、
どこかのテレビ局(たぶんバンデイランチ局)のクルーも同乗していた。

前半34分 DFフアンが、コーナーキックを、頭でゴール。

花火が上がりまくっている。
神経質な試合の均衡が崩れた。

前半37分、 FWルイス・ファビアーノのゴール。
オフサイドかと思っていたが、違っていた。
左から、ロビーニョがよく走った。

16時16分 前半終了。
        2対0で、ブラジルがリード。

レッカー車が来て、
事故車を引っ張っていた。
道路が空いているので、
早くやってきた。

後半14分に、ロビーニョのゴール。

結局、延長2分の末、17時22分に、
ブラジルが3対0で勝利した。

試合後、3-4分は花火が上がったが、
それもすぐに終わった。

|

« ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その5 対ポルトガル戦。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その7 対オランダ戦。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その6 対チリ戦。:

« ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その5 対ポルトガル戦。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その7 対オランダ戦。 »