quinta-feira, 19 de março de 2015

2015年もまだまだ「疾走中」は続いています。

「昼」に駈け、「夜」を抜け、「疾走中」。

失踪中ではありません。

最新の状況は、Facebookへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 22 de setembro de 2011

ブラジル・サンパウロの「ジョアン・ジルベルト」のコンサートのチケット発売開始。

11月5日(土)22時から、
サンパウロ市の南部のVia Funchalで催される、あの「ジョアン・ジルベルトJoão Gilberto」のコンサートのチケットが、本日(9月22日)12時から発売開始となっている。

入場料は、
最高が1000レアル(約5万円)から、最低でも500レアルとなっている。
ブラジル人の演奏家の入場料としては、破格も破格である。

理由は言うまでもなく、
神話・伝説の域に達しているジョアン・ジルベルトのもう二度とないかもしれないコンサートであるからである。
今年80歳になって、人前に姿を現すことなどない、ジョアン・ジルベルトを、会場内で拝むことができるだけでも、ありがたいというわけである。

Via Funchalのサイトで、購入することもできるが、
直接にVia Funchalの入場券売り場で買った方が安い。

ブラジルの、クレジット会社の手数料は、異常に高いのである。

サイトは、ポルトガル語だけなので、
何が何だかちんぷんかんぷんという人も多いことだろう。

前回のジョアン・ジルベルトが、サンパウロで行ったコンサートから、3年がたつ
あのときの顛末は、このブログに書いた。
それなりに大変で、結局購入できなかった。

今回は、入場料があまりに高価なので、
サイトがダウンするとか、
瞬時に売り切れることにはなっていないようだ。

また、日本からもマニアがやってこられるのだろうが、
くれぐれも常軌を逸した行いをされないことを願っている。
間違って狙われたくないからである。

購入代行を、希望する人がいれば、至急にメイル(saopaulopacaembu@gmail.com)で条件を知らせていただきたい。
それなりの「マージン」は、いただくことにしているので、それはあらかじめご承知願いたい。

なお、リオ・デ・ジャネイロおよびブラジリアでの入場券は、昨日(9月21日)に発売開始となっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 25 de dezembro de 2010

ブラジル・サンパウロの「第九(合唱)」。

ブラジルでは、
年末にベートーベンの交響曲第9番のいわゆる「合唱」を、
そこら中のオーケストラが演奏するといった奇矯な習慣はない。

季節的にはどうかというと、
年末にはというより、
ナタウ(=クリスマス)前には、
コーラスの合唱会が急に増える。

クリスマスにちなんだ宗教的な楽曲には、コーラスがあるのものが多い。
もしくは、バッハやヘンデルのようなバロックもよく演奏されることになる。
教会で聴くと、雰囲気がよい。

ブラジルは、
なんといっても欧州移民が作った国である。
文化の基本は、欧州文化であることはいうまでもない。

クラッシックの演奏会は、日常的に、市内各所で開催されている。
日曜日などは、選択に迷うほどだし、一日に3-4カ所も回ることもある。
そこでは、場所にもよるが日系人は意外に多いのだが、日本企業の駐在員らしい姿を見ることはまずない。

さて、
10月5日に一日だけ行われた、その「第九」が演目の演奏会があったので、
万難を排して、行ってきた。

拙宅からは、夜ならば、車で、10-15分ほどで行ける会場であるが、
主催者の関係で、入場券の入手は別のところであったので、
狙った席を確保するために、ちょっと汗をかいた。

サンパウロ市立交響楽団と合唱団によるものである。
※長さの関係で、分割を余儀なくされているものもあるが、ご了解いただきたい。

第1楽章から第4楽章まで、すべての映像がある。
時間に余裕があれば、御覧いただきたい。


「第1楽章」

「第2楽章」

「第3楽章」

「「第4楽章」(有名な「喜びの歌」はここにある)

演奏終了後。

2011年には、3月17日から20日まで、
サンパウロ州立交響楽団が、
「第九」を演奏することになっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 18 de maio de 2010

ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その16 Jane Duboc。

2009年に行ったコンサートについて、紹介をしている。

-------------------------------
ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 個人的に何とか対応したい。

-------------------------------
2009年9月10日(木)20時30分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナで開催されたのが、
ジャーニ・ドゥボッキJane Dubocのコンサート。
Sps20090910mala

経歴によると、パラ州のベレンの生まれとある。
アマゾン川の河口の都市だ。
生年は書いていない。

13歳で、テレビなどにも出演していたそうだ。
17歳で、米国に行って、音楽の勉強をしている。
1970年代に、ブラジルに戻ってきたとある。
このあたり、非常に曖昧である。
このときに、最初のアルバムをラウル・セイシャの制作で出した。

1980年代に、当時のいろいろな音楽家と積極的に活動をしている。

1990年代後半のようだが、日本にも行ったようだ。
日本は、ブラジル人であれば、大抵と言ってもよいくらい、一度は公演しているので、すごいとも言えない。
Sps20090910malaa

観客の入りは、それほどよくなかった。
Sps20090910malc

Sps20090910mald

それに、ノリもあまりよくなかった。
Sps20090910malf

Sps20090910malg

そのせいか、公演時間もあまり長くなく、
盛り上がり感もなかった。
Sps20090910malh

Sps20090910mali

盛り上がるような音楽でもないが、
”米国にかぶれたようなところ”が、今ひとつだった。
Sps20090910malj

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 13 de maio de 2010

ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その15 Hermeto Pascoal。

2009年に行ったコンサートについて、紹介をしている。

-------------------------------
ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 個人的に何とか対応したい。

-------------------------------
2009年8月29日(土)21時00分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナで開催されたのが、
エルメット・パスコアルHermeto Pascoalのコンサート。
Sps20090829mala

Orquestra Jovem Tom Jobimという、若手のオーケストラのゲストとして、
エルメット・パスコアルが呼ばれたのである。

Orquestra Jovem Tom Jobimというからには、アントニオ・トン・ジョビン財団が当然関係している。
毎月演奏会が開催されていて、いつもゲストがあるわけでもなく、
大体の観客が、団員の家族や友人関係という感じだが、
世界的に超有名なエルメット・パスコアルであれば、
もう全然客層が違う。
Sps20090829malab

Sps20090829malac

Sps20090829malb
※クリックすると拡大する。

それに、このコンサートは無料だったので、
長蛇の列になった。
入場は早い者勝ちだった。
仮に有料でも、ほぼ満員になったことだろう。

最初に、Orquestra Jovem Tom Jobimが何曲か演奏をして、
そして、エルメット・パスコアルが登場した。
Sps20090829malc

Sps20090829mald

かなり小柄。
それに、見て通りのデブ。
Sps20090829male

白髪の長髪とひげと、そして帽子で、顔はほとんど、見えない。
Sps20090829malg

Sps20090829malj

手には、いわゆるピアニカを持ってきた。
Sps20090829malf

Sps20090829mali

エルメット・パスコアルは、いろいろな楽器をこなすのだが、
中でも鍵盤系は得意中の得意。
Sps20090829malk

Sps20090829malm

ただ、演奏よりも、しゃべりのほうが多かった。
それも、難解。
Sps20090829maln

Sps20090829malo

Orquestra Jovem Tom Jobimを相手に、
いろいろと実験的なことをやらせていた。
Sps20090829malh

エルメット・パスコアルが演奏したのはそう多くはなかった。

いささか疲れた。

女性歌手もでできた。
Sps20090829mall

Sps20090829malp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その14 Jorge Vercillo。

2009年に行ったコンサートについて、紹介をしている。

2009年は、歴史的中心部セントロにあるサンパウロ市立劇場が、2度にわたり改装を行い、ほとんど閉鎖されていたことで、このサンパウロ市立劇場にはほとんど行くことができなかった。
今も、まだ閉鎖中である。

このサンパウロ市立劇場は、サンパウロ市立交響楽団などのコンサートがほぼ開催されていたのだが、ことしは、別の小さな会場に移して、演奏を行っていた。

このことと、演奏のプログラムにあまり好みのものがなかったこともあって、2009年は、クラシックのコンサートにほとんど行っていない。

12月の第1週までに、40をちょっと越えたくらいのコンサートに行っている。
2008年よりも、10ほど少ない。

-------------------------------
ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 個人的に何とか対応したい。

-------------------------------
2009年8月27日(木)21時00分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナで開催されたのが、
ジョルジ・ヴェルシロJorge Vercilloのコンサート。
Sps20090826mala

このメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナで、
彼のようなタイプのミュージシャンのコンサートが開催されるのは非常に希である。

ブラジルにおけるAORの第一人者と目されており、
それなりのキャリアがあり、
自作のヒット曲も数多く持っている。

このコンサートは、若い女性を中心とした多くの観客が見込まれると思ったのか、
シモン・ボリバール公会堂のステージを挟んだ両面の観客先に客を入れた。
Sps20090827mala

このような構造になっていることは前から知っていたし、
どちらの観客席にもいったことはあったが、
同時に両面に客を入れたのは、初めての経験であった。
Sps20090827malb

このジョルジ・ヴェルシロは、
若く見えるが、
実は40歳を超えている。
Sps20090827malc

Sps20090827mald

Sps20090827male

Sps20090827malg

でも、遠目には20代後半でも通用しそう。
Sps20090827malf

Sps20090827malh

Sps20090827malj

両面のステージの観客に対応するために、
ステージを行ったり来たり。
Sps20090827mali

途中で、
アルゼンチン人のゲストが出てきたが、
はっきり言って、
観客にはちょっと興ざめ。
Sps20090827malp

コンサートも最後になると、
おきまりのことだが、
女性たちがどっとステージに向かった。
Sps20090827malr

Sps20090827malt

若い女性が多かったが、
ついこの間まで若い女性だった人の方が多かった。
ジョルジ・ヴェルシロで青春を過ごしたような人たちだ。
Sps20090827malu

Sps20090827malw

Sps20090827malx

Sps20090827maly

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 10 de maio de 2010

ただいま「疾走中」。

「昼」に駈け、「夜」を抜け、「疾走中」。

失踪中ではありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 1 de abril de 2010

ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その13 Billy Branco, Doris Monteiro。

2009年に行ったコンサートについて、紹介をしている。

2009年は、歴史的中心部セントロにあるサンパウロ市立劇場が、2度にわたり改装を行い、ほとんど閉鎖されていたことで、このサンパウロ市立劇場にはほとんど行くことができなかった。
今も、まだ閉鎖中である。

このサンパウロ市立劇場は、サンパウロ市立交響楽団などのコンサートがほぼ開催されていたのだが、ことしは、別の小さな会場に移して、演奏を行っていた。

このことと、演奏のプログラムにあまり好みのものがなかったこともあって、2009年は、クラシックのコンサートにほとんど行っていない。

12月の第1週までに、40をちょっと越えたくらいのコンサートに行っている。
2008年よりも、10ほど少ない。

-------------------------------
ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 個人的に何とか対応したい。

-------------------------------
2010年も3ヶ月が過ぎたのだが、
すでに、18のコンサートに行った。
それなのに、ここでの紹介は今だ2009年の、それもやっと13番目である。

-------------------------------
2009年8月22日(土)19時00分から、
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの、そのまた中心のセ広場にある、
Caixa Culturaで開催されたのが、”ドリス・モンテイロとビリー・ブランコ(Doris Monteiro e Billy Branco)”のコンサートである。
Sps20090822cxa

知っている人がいるかどうかわからないが、
ともにすでに「生きる化石」と言っても良いような年齢に達している方々である。

特に、ビリー・ブランコは、85歳である。
ボサノバ世代の男性としては、もう数少ない生き残りである。

ただただ、そのビリー・ブランコの尊顔を拝したくて、行ったわけである。

会場は、
元は銀行であった古い建物のロビーで行われた。
100人程度しか収容力はない。
音響状態は、全く良くない。
Sps20090822ccb

最初に、ドリス・モンテイロが登場し、
数曲歌った。
Sps20090822ccc

ドリス・モンテイロも、声に力がなくなっていたようだ。
Sps20090822ccd

Sps20090822cce

そして、お目当てのビリー・ブランコが登場した。
Sps20090822ccf

足がもうさすがに丈夫ではなくなっているようで、
ゆっくりと歩いてきた。
Sps20090822ccg

そして、ステージの真ん中に置かれた椅子に座った。
Sps20090822cch

ただ、眼光は鋭い。
Sps20090822cck

声は、力強かった。
Sps20090822ccm

長生きしているだけあり、
ネタもいっぱいお持ちで、
しゃべりも非常におもしろかった。
ただ、ねたふりを、ギターをやっている息子にしてもらわないと、
何を話してよいか、わからなくなっていたところが、
やはり年だった。
Sps20090822ccn

ドリス・モンテイロも出てきて、一緒に歌った。
Sps20090822ccp

Sps20090822ccs

そして、
ドリス・モンテイロに手を引かれて、
ステージをあとにした。
Sps20090822ccu

客層は、極めて高く、
老人ホームのようだった。
Sps20090822ccv

ところで、このコンサートの観客席に、客として来ていたのが、
大歌手(背は小さいが)のクラウデッチ・ソアレス
コンサートが終わったあと、
クラウデッチ・ソアレスも、サインを求められつづけていた。
Sps20090822ccw

コンサートの開始前に、写真をお願いしたら、
簡単に受けていただいたし、
お話もできた。
大感激。
家宝にしようと思う。
あまりに身長が違うので、
屈もうとしたら、屈まなくていいからと言われた。
Sps20090822cca

このコンサートは、
3日間行われたのだが、
無料だった。

ドリス・モンテイロとビリー・ブランコは、
昨年は、この企画で、各地で一緒にコンサートを行っていたようだ。

-------------------------------
2009年のコンサートの中では、
印象に残るものだった。

音は最悪だったが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 30 de março de 2010

ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その12 Dolores Duran。

2009年に行ったコンサートについて、紹介をしている。

2009年は、歴史的中心部セントロにあるサンパウロ市立劇場が、2度にわたり改装を行い、ほとんど閉鎖されていたことで、このサンパウロ市立劇場にはほとんど行くことができなかった。
今も、まだ閉鎖中である。

このサンパウロ市立劇場は、サンパウロ市立交響楽団などのコンサートがほぼ開催されていたのだが、ことしは、別の小さな会場に移して、演奏を行っていた。

このことと、演奏のプログラムにあまり好みのものがなかったこともあって、2009年は、クラシックのコンサートにほとんど行っていない。

12月の第1週までに、40をちょっと越えたくらいのコンサートに行っている。
2008年よりも、10ほど少ない。

-------------------------------
ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 個人的に何とか対応したい。

-------------------------------
2010年も3ヶ月が過ぎようとしているのだが、
すでに、18のコンサートに行った。
それなのに、ここでの紹介は今だ2009年の、それもやっと12番目である。

-------------------------------
2009年8月11日(金)18時00分から、
サンパウロ市のバッハ・フンダにある、
ルイ・バルボーザ労働裁判所にある講堂で開催されたのが、ドロウレス・ドゥランDolores Duranのコンサートである。

ドロウレス・ドゥランは、もうとうの昔に亡くなっている。
2009年が、亡くなって50年に当たる年だった。
それで、追悼のコンサートが開催されたわけだ。

"o Lado B de Dolores Duran"と名付けれられて、ブラジル銀行がスポンサーとなり、
8月21日(金)、22日(土)、23日(日)の3日間に、場所も、出演者も違えて、3回のコンサートが開催された。
Sps20090821bba

その最初のコンサートに行った。
Sps20090821bbb

この労働裁判所の建物は、その建設に当たって、巨額の賄賂が動いたことで有名な建物で、当の裁判所長が逮捕されて、すでに裁きを受けている。
ただ、高齢なので、刑務所に収監されず、自宅での「座敷牢」となっている。
自宅も、超豪邸で広大な庭もあり、ちっとも刑になっていないように思える。
Sps20090821trta

その裁判所の地下にある講堂で、コンサートが行われたのだが、
無料で、入場券は、1時間前から先着順となっていた。
後にも先にも、ここでのコンサートは、今のところこれだけしか行ったことがない。
Sps20090821trtb

こんなコンサートだったのだが、
出演者がすごいのだ。
アライデ・コスタAlaide Costa, クラウデッチ・ソアレスClaudette Soaresというほとんど化石のような人たち。
この人たちでなければ、ドロウレス・ドゥランを語ることはできないはずである。
ドロウレス・ドゥランは、非常に若くして亡くなっており、
彼女たちよりちょっと年上くらいだったはずである。
ドロウレス・ドゥランは、歌手でもあり作曲家でもあり、良い作品を残していた。
ただ、「ボサノバの歴史」に書かれていることだが、非常な名訳として「ヤ○マン」であったこということである。
Sps20090821bbc_2

Sps20090821bbd

最初に登場したのは、
イージー・ゴードンIzzy Gordonという、割と若く、背が高い、黒人系の歌手。
誰なのか知らなかったが、2008年頃にドロウレス・ドゥランを追悼するアルバムを作成していた。
ドロウレス・ドゥランの実の姪に当たるそうだ。
Sps20090821trtc

Sps20090821trtd

そして、次に登場したのが、アライデ・コスタ。
Sps20090821trtf

Sps20090821trte

最後に登場したのが、
やや足が弱ってきているのが、ステージに上がるのがやや苦労していた、
クラウデッチ・ソアレス
Sps20090821trth

Sps20090821trti

とても小さな大歌手である。
Sps20090821trtk

そして、またイージー・ゴードンが登場し、
Sps20090821trtn

さらに3人が揃い、歌った。
Sps20090821trto

Sps20090821trtq

これで、無料というのが、信じられない、コンサートであった。
Sps20090821trtt

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 5 de março de 2010

ブラジル・サンパウロで、ジョニー・アウフィJohnny Alfが亡くなった。

3月4日(木)に、歌手で、ピアニストで、作曲家のジョニー・アウフィJohnny Alfが亡くなった。

ジョニー・アウフィは、大サンパウロ都市圏のサント・アンドレSanto André市のマリオ・コーヴァス病院hospital Mário Covasに、入院し、重態estado graveになっていた。
80歳だった。

ジョニー・アウフィは、約3年前から、前立腺ガンの治療をしていた。

ボサノバbossa novaの先駆者の一人で、サント・アンドレ市の療養所で生活していた。

ジョニー・アウフィの代理人のネウソン・ヴァレンシアNelson Valenciaによると、転移metástaseが進み、医師団がもう手の施しようがないと伝えていたということである。

ジョニー・アウフィは家族がいない。
通夜velórioは、明朝、サンパウロの州議会場Assembleia Legislativa de São Pauloで行われる。

-------------------------------
昨年は、すでに入院されていたが、コンサートに出演されたこともあったのだが。

今年になって、輸血の呼びかけもあった。

ご冥福をお祈りする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧